東京で下眼瞼脱脂してすっきりとした目になりました

私が手術を受けた下眼瞼脱脂の処置とその後の経過について

年齢を重ねるごとに目元に脂肪がたまり、50歳の頃にはまぶたが垂れて視界が悪くなってしまいました。
掛かりつけの眼科を受診したところ、眼瞼下垂になっているのですぐに処置をした方がいいと診察を受けました。
その際、東京の美容外科であれば、綺麗な目元にしてくれると紹介をされ、受診をしたわけです。
ここでは私が手術を受けた下眼瞼脱脂の処置とその後の経過について紹介をしていきましょう。
まず、通常の眼瞼下垂であれば形成外科で処置を受けることが可能です。
ただし、この場合はあくまでも垂れたまぶたを切除するだけなので、非常に不自然な仕上がりになるものです。
多くの方が眼瞼下垂の処置で不満を抱かれるのが、瞳が小さくなったというもので私はそれを出来る限り避けたいと思いました。
また以前から一重であるのもコンプレックスで、できれば二重にしたいという願望も抱いていたわけです。

あと2、3年は都内で働きながら歯列矯正・下眼瞼脱脂・医療脱毛終わらせて、彼氏と結婚したら郊外か地方都市に引っ越したいな。

生まれも育ちも東京の身からすると都内はいつも人混みでキラキラガヤガヤした人たちばっかで疲れる。
家賃も高いし狭いし、騒音うるさいし空気悪いし。

— ディディ (@didi_dayo) February 16, 2022

私が手術を受けた下眼瞼脱脂の処置とその後の経過について東京駅前にある湘南美容外科を受診しました年齢よりも顔が垂れることなくすっきりとした顔立ちで目も大きくなりました

東京で下眼瞼脱脂を受けるならここ / 下眼瞼脱脂術後のテープが外れるまでの経過を写真で解説